HARUのひとりごと

SHINeeのこと。日々の記録。忘れたくないことを書くひとりごとブログ。

★ 不意をつかれて

たまに寄るそのお店では、
有線が流れていて、


『あ……』と思った瞬間、
ふわっと鳥肌がたって、
気付いたときには涙がこぼれかけてた。



From Now Onが流れた。


すぐに人のいないところに隠れたけど、曲は聴こえ続けて、苦しかった。


私はジョンくんのことがあってからSHINeeを知ったから、声も聴けず映像も観られないシャヲルさん達がいる中で、アルバムも聴けていたし、Blu-rayも観ていたのに。


不意をつかれたら駄目だった。
From Now Onだったというのもあるけど、
聴こうと思って聴くのとは違うみたい。


これから、こんなことが増えるのかなと思ったら、音楽の流れるお店が少し恐くなった。


ジョンくん、びっくりしたよ。
やっぱりあなたの声は綺麗すぎて、悲しかった。


f:id:hitorigoto-5:20180404183107p:plain